柔道整復科 (柔道整復師 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 3年制 柔道整復師をめざす人の情報ブログ

June 20, 2017 下腿の包帯法

こんばんは。
橘井です。

今日の1年生の実技は下腿(ふくらはぎの部分)の包帯法を2種類練習しました

一つは麦穂帯(ばくすいたい)です。
IMG_0064

もう一つは折転帯(せってんたい)です。
IMG_0065

どちらも包帯を巻く部位の上下に太さの差がある場合に用いる包帯法です
ふくらはぎの部分は上が太くて下が細い構造になっていますよね?
そういった部位を螺旋帯で巻こうとすると浮きが出てしまいます
そういった場合に使う包帯法です

麦穂帯は8の字を書くように包帯を走行させますが、折転帯は包帯を途中で折って巻いていきます
どちらも巻き終わると「人」の字が表面に出来上がります(画像を拡大してもらうと見えるかも)
この「人」をきれいに並べるのがポイントです
包帯は固定力はもちろん大事ですが、見た目も重要です
もし自分が包帯で固定されるときに見た目が悪いものより見た目がいいものの方がいいですよね?
患者さんに「この見た目なら固定されていてもいい」って思ってもらえるような包帯を目指して練習頑張っています

n-60784016 at 20:7 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL | |

June 18, 2017 オープンキャンパス

こんにちは。
橘井です。

登別もようやく夏らしくなってきました
今日は天気がよく気持ちのいい1日でした

今日はオープンキャンパスがありました
IMG_0061
今回は2年生の高橋君と先週から学生スタッフに挑戦している1年生の山下君のコンビが担当しました
2人とも話好きなので仲良く・楽しくスタッフをやってくれました

n-60784016 at 15:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL | |

June 17, 2017 企業説明会

こんにちは。
橘井です。

今日は企業説明会がありました
IMG_0058

今回は合同企業説明会で多くの企業様に来てもらいました
IMG_0059

卒業生が説明に来てくれた企業様もあり、久しぶりに話ができてよかったです
IMG_0060

とても貴重な話を聞くことができ、学生にとっても有意義な時間になったと思います
参加していただいた企業の皆様、ありがとうございました

n-60784016 at 18:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL | |

June 16, 2017 企業説明会があります

こんばんは。
橘井です。

明日は柔道整復科の学生を対象に合同企業説明会が行われます
道外も含め、たくさんの企業の方々に来ていただきます
中には本校柔道整復科の卒業生も来てくれることになっています
先輩として在学生にたくさんの事を伝えてもらえるとうれしいです

企業説明会の様子は明日、ブログに上げようと思います

n-60784016 at 19:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL | |

June 15, 2017 柔道整復師 国家試験問題

こんばんは。
橘井です。

今日は柔道整復師の国家試験にはどのような問題が出るのか紹介です
では、さっそく

第17回 柔道整復師 国家試験 午前
問1.誤っている組合せはどれか。
1.咬筋 ーーーーー 下顎骨挙上
2.側頭筋 ーーーー 下顎骨挙上
3.外側翼突筋 ーー 下顎骨前方移動
4.内側翼突筋 ーー 下顎骨後方移動

答えは






























4の「内側翼突筋 ーー 下顎骨後方移動」です
この問題に出ている筋肉は咀嚼筋(そしゃくきん)という筋肉で
この4つの筋肉が働くことで下顎骨(あごの骨)を動かして噛む動作を行っています

咬筋(こうきん)は歯を食いしばったときに頬の後ろで収縮を触れることができる筋肉で、下顎骨を上へ持ち上げる(挙上)作用があります。

側頭筋(そくとうきん)はこめかみの部分で収縮を触れる筋肉で、下顎骨を上へ持ち上げる(挙上)作用と後ろへ引く(後方移動)作用があります。

外側翼突筋(がいそくよくとつきん)は下顎骨を前へ出す(前方移動)作用があります。

内側翼突筋(ないそくよくとつきん)は下顎骨を上へ引き上げる(挙上)作用があります。

なので答えは4になります
実はこの問題は橘井が受けた国家試験の一問目の問題です
問題用紙を開いて一番最初に見た思い出の問題です

n-60784016 at 20:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL | |